雑談・趣味

忘年会もほどほどに・・・

投稿日:

 

本日も飲みすぎてしまいました。酔っぱらいです。
忘年会は例年より減ったものの、今週はかなりベビーな一週間です。

月曜日は仕事終えてから浜松でセミナーの事前打ち合わせ、からの終電ギリギリまで飲んで、

火曜日は朝10時から同業他社の忘年会と称した麻雀。朝から飲むと酔いが早いです。。。夕方に失礼して別の同業忘年会へ。

水曜日は大手不動産の若手ホープからお誘いいただき少人数の食事会。その後場所移動してゼネコン、他業種社長さんと合流。

木曜日、本日は地元信金の顧客間の情報交換&会議という名の忘年会。早めに失礼して月例不動産懇親会。

さすがに疲労が溜まっているので日が変わる前に失礼しました。

明日金曜日は同業の別の懇親会。久しぶりの参加です。
ここまで飲むとお金よりも体が心配です。来週も忘年会もりだくさん。

12月中旬頃からは仕事手仕舞いモードの会社も増えてきますが、すべりこみで急な取引が舞い込んできました。昨日突然舞い降りてきた案件。来週契約、年内引き渡し予定。これで今週末も出勤確定ですが、こういう休日出勤は全然苦になりません。来週一週間で物件調査から売り主買い主面談。銀行融資とりつけ〜売買契約。タイトなスケジュールですが、燃えてきましたよ!!

オンオフの切り替え上手な不動産マンの連続二日酔いはまだまだ続きそうです。今日は60人を超える同業の忘年会だったのですが、僕はあまり大勢の人と名刺交換することはありません。少数の人たちと深いお話をするほうが好きですね。今日も初めてお会いした方とずーっと話してました。事業用の収益不動産取引の話や実務のトラブル事例などの情報交換をできるのは同業の会合の醍醐味でもあります。僕が扱う不動産のジャンルと近かったため、さらに深い会話ができたので有意義な時間を過ごせました。

そんな会話のヒトコマ

(都心部商業地の売地30坪の単価と200坪の単価では大きく差がつくとしたうえで)不動産業界では水面下で物件の売買が行われることはめずらしくない。情報をクローズにしているがために、都心部30坪が30坪のまま取引される。隣地も実は水面下で取引が進んでいたり、少しタイミングがずれて売買されるなど、隣地を一体として売却できればもっと高値で売れたのに、または大規模な開発になりえたのに、という話を延々と語ってました(笑)これを解消するための案に賛同してくれる大手不動産や地場不動産。やはりこの業界の横のつながりは強いですね。同業他社複数と一緒に仕事をすることが多い業界であるため、他社は味方でもあります。特に名古屋は距離感が近く、世間が狭いところだと思っています。悪いことをすればすぐに悪名がとどろき、誠実にやっていれば人づてに評判がひろまっていく。

昨日も一緒に飲んでた顔ぶれや、たぶん明日も一緒になりそうな人たちとお別れして、早めに帰宅。なんか最近酔ったままブログ書いてること多いな。。。

 

早く寝なきゃ

 

-雑談・趣味

Copyright© 不動産どうなる , 2021 All Rights Reserved.