コンサル

【名古屋市昭和区】相続無料相談会を開催しました。

投稿日:

朝から良い天気で気持ちいいですね。

本日は名古屋市昭和区で無料相続相談会に相談員として参加しています。各種専門家がみなさんの悩みにお答えさせていただきました。

弁護士、税理士、司法書士、ファイナンシャルプランナー、そして僕。

話の入口はみなさんそれぞれですが、枝葉の部分で保険や不動産、紛争相談に話が及びます。各分野の専門家が常駐してますのでその場ですぐに回答。他の専門家の方々と同席していると、「へ~そうなんだ」と、こちらが勉強になることもしばしば。

既にいろんな方へ相談したあとの案件もあり、大変手ごわいものもありました。中には手遅れの案件も。依頼者もそのことは承知の様子でしたが、今からでも対策できる点については助言しました。
つくづく、相続関係は事前に対策しておかないといけないと痛感です。。。

 

帰り道は車に乗っけてってもらいながら、先生たちと名古屋の不動産相場についてお話させていただきました。

過去に僕が仲介した昭和区某所の土地、当時は今ほど取引相場も高くなかったのですが、地価上昇の兆しもあり、周辺で1件だけ相場よりも高い取引事例があったため、「坪単価○○円でチャレンジさせてください」と、相場のまさに1.5倍弱の売出価格でスタートさせていただきました。

なんちゅう値付けをしとるんや

問合せのあった知り合いの不動産業者からは「なんちゅう値付けをしとるんや」と怒られましたが、少し金額交渉が入ったものの無事成約。心の中では「売主さん、ほめてください」って感じでした。今思えば相場上昇の兆しをつかめていたからこそチャレンジできたのかもしれませんね。

ところが、、、今ではその成約単価よりもさらに上昇して地価が高くなってしまっています。ひょっとすると当時の売主さんは「もっと高く売れたのに・・・」と思われてしまっているかもしれません。売るタイミングひとつでこのようなことが起きてしまうんです。

 

不動産は当初の売出価格から値下げ交渉が入ることもあります。なので少し高めにスタートしたりしますが、このチャレンジ価格の判断は事情によってかわってくるので細かいヒアリングが重要ですね。

売主さんの事情や土地の事情などによって判断することになります。相場上昇(下降)の兆しや、細かな事情もいずれはAIが判断して価格に反映させることができる時代はくるのでしょうか。そうだとして、AIの提案価格を信じて決定することができるのでしょうか。

不動産は同じものがふたつとしてありません。どうしてもその土地がほしい理由があれば、相場より高くても売買が成立するでしょう。AIが得意とする「過去の事例から相場を判断する」ことがいつも最適とは思えません。

まだAIに全てをまかせられない現在では、次におとずれる「兆し」をつかめるか、僕らがアンテナを張っておかなければなりませんね。

その兆しは下方かもしれませんが。

 

マンツーマン無料相談会

相談会に限らず、随時ご相談を受け付けております。お気軽にメール、LINEでお問合せください。

 

-コンサル
-

Copyright© 不動産どうなる , 2021 All Rights Reserved.