市況

不動産DI指数グラフを更新しました。

更新日:

 

不動産関連業者に対するアンケート結果です。
3か月後の土地価格はどうなっていると思いますか。

んん~、やはり大幅にDI値(予測値)が下がっていますね。
もちろんコロナの影響です。

全国の不動産どうなるんでしょうか。。。

 

現場の声(アンケートコメント)

・飲食店の客足減少
・解約が増えるだろう
・売り物件の問い合わせが極端に減っている
・コロナ収束のめどがたたない。不透明。
・不動産の購買意欲が大幅に減少していくと思われる。
・住宅の移動は減少する。
・事業用案件で本社東京、大阪の企業のアプローチが低下
・賃貸居住用物件の問い合わせが激減している。
・大手パワービルダーの土地仕入状況の変化(消極的)
・リモートワーク採用の企業増加。オフィスニーズの変化。
・店舗撤退、閉店が続出。
・賃料未払によるオーナー被害増加
・価格の値下がりの検討もつかない。
・人も物も動かない。事業用物件は壊滅的になるかもしれない。
・ほぼすべての業界に影響があるだろう。
・収束は来年春ごろまでかかるのではないだろうか。
・雇用不安のため購入をキャンセルされた。
・売主が人と会いたくないと、契約延期になった。
・賃料がどこまで下落するか検討もつかない。

以上は4月初旬の時点のコメントです。
前代未聞のパンデミックであったので、どこまで景気が悪くなってしまうのかと悲観的な意見が多く見られます。
5月もあと数日ですが、この2か月間でみなさんのコロナに対する反応はどのように変わったでしょうか。

僕は緊急事態宣言解除を受けて、経済が再始動したように感じています。
まだまだ気は抜けませんが、こうして悲観的な意見も踏まえつつ、市況を注視していきたいと思います。

※PC版のトップページ画像も更新しました。

 

-市況

Copyright© 不動産どうなる , 2021 All Rights Reserved.