営業日記

突然動き出した不動産

投稿日:

コロナで不動産どうなる?
その答えはまだ見えてきません。ですが、僕個人の業務は大変多忙で時間が足りません。

コロナ以前から動いていた案件も含め、4月5月の自粛期間中に完全ストップしていた案件が6月に入ってから一斉に再始動。

ややこしい事業用案件もあるので頭がパンクしそうです。
不動産は高額商品です。やはり顔をあわせてニュアンスを感じたり、相手の顔色声色を見聞きしながら商談するやりかたが僕にはあっているようです。
今まで面談できなかった静岡のオーナーさんや、岐阜県の共同仲介さんなど、長距離移動の多い1週間。

・愛知県稲沢市の事業用新規出店コンサル
・愛知県西部の大型土地売買
・愛知県東部の事業用底地収益物件
・東海市土地売買
・一宮市土地売買
・愛知県西部ロードサイド店舗出店コンサル

現在契約に向けて商談中です。
これら事業用の案件は契約書のヒナガタをそのまま使用できないことが多いです。
個々の特別な事情を反映させるには契約書作成のセンスも必要ですよね。

 

あれ?名古屋の案件がない・・・

名古屋のお仕事ください。
不動産の売却、相続関係、有効活用、諸問題解決。
どこにも属さない独立系コンサルタントが複数の問題解決策をご提案させていただきます。
愛知名古屋の不動産はわたくしにおまかせください。

 

-営業日記

Copyright© 不動産どうなる , 2021 All Rights Reserved.