営業日記

空き家売却相談 更地にするかそのまま売るか

投稿日:

愛知県北部の土地売却の依頼がありました。
土地には大きな建物が建っており、現在は全空室。
建物も古くなっているので解体して売却という流れが一般的ですが。。。

最近空き家をどうすれば良いかというご相談が連続しています。
この物件は空き家になったまま放置されており、中を見るのにもいろんな手配が必要で、調査に時間がかかりました。
空き家問題というと、売る気があるのに買い手がつかないケースも多いのですが、今回は立地的には悪くない。

問題は解体費がいくらかかるかですね。
売却価格の査定書を提出しましたが、あくまで建物がない更地の状態の前提としています。

購入希望者があらわらたとしても、解体してからの引き渡しとなると、所有者は解体費を負担しなければなりません。

なんとかできないものか・・・

こういうときは、「なんでも購入する専門業者」に相談してみます。
建物がいくら古くても、リフォームしてキレイに手直しして収益不動産に変身させるのです。

早速検討したいとの回答がありました。
現況のままで購入するのでその分安くなってしまいますが、換金も早く、手間も費用もかかりません。

いくつかクリアしなければならない法的な問題と銀行的な問題がありますが、更地売却と現況売却の2本立てで紹介しようと思います。

最近当社の取扱い物件が続々と成約になっています。
自分でも驚いていますが運気の流れでもあるのでしょうか。

 

愛知県・名古屋市
空き家活用、空き家売却でお困りでしたらお気軽にご相談ください。

 

-営業日記
-

Copyright© 不動産どうなる , 2021 All Rights Reserved.