不動産仲介

仲介業者を挟まずに手数料を節約

更新日:

不動産売買に必要な費用のひとつ「仲介手数料」売買価格の約3%が必要になります。
しかし、必ず業者に依頼しなければならない訳ではなく、売主と買主が仲介業者を挟まずに直接取引することも可能です。
この場合、仲介手数料がかかりませんので費用を節約することができます。が。。。

仲介業者を排除するリスク 契約不適合

 

でも、専門知識のない個人間の取引には思わぬリスクもありますので十分に注意してくださいね。

 

先日ご相談を受けた案件。
数年前に売買が完了していたものの、想定していない問題が発覚し、どうしたら良いのかとの相談。

当時の契約書を見せてもらうと、一目で個人間で直接契約したものだとわかりました。経緯はわかりませんが個人間で不動産会社を挟まずに取引したようです。
仲介手数料がかからないので双方にとって費用的にはお得ですね。

しかし、今回の件は不動産会社を排除したために問題が起こってしまいました。

土地上の建物、工作物に大きな問題が発覚したのです。通常不動産会社が入っていれば発覚し、契約前の重要事項説明で必ず説明されていただろう項目です。

おそらくこれがわかっていれば購入自体を見送っていたことでしょう。改善には莫大な費用がかかります。
最近は周辺相場も容易に調べられますから面積に単純に相場単価をかけて売買価格を決定したのかもしれません。

AIが発達して、いつかはこういった内容もクリアできるようになるかもしれません。でもいまはまだそのレベルに達していません。不動産会社へ支払う手数料よりも大きなリスクが潜んでいることもあるという悪い見本となってしまいました。

さて、この案件はどう決着するのでしょうか。ご相談者側に立つとすればいくつか助言することはできます。しかし、それが実現するかは相手のあることなのでわからないです。

改正民法下では売買時の”売主側の責任”がより大きく、明確になり、不具合があった場合の賠償責任の範囲も大きくなっています。

 

仲介業者を挟まずに個人間で直接売買することの”隠れたリスク”が顕在化した事例です。売買の際は信頼できる不動産会社にご相談することを強くおすすめします。

 

 

名古屋のまちもようやく秋らしくなってきましたがまだまだ暑い日が続きます。コロナ自粛明けからの契約ラッシュも少し落ち着いてきました。
なるべく休日をとってプライベートの時間も増やしていこうと思います^^

-不動産仲介

Copyright© 不動産どうなる , 2021 All Rights Reserved.