不動産仲介

【名古屋市南区】工場用地

投稿日:

名古屋市南区で募集中の工場用地の商談でバタバタしております。とにかくスケジュールがタイトで売主側、買主側の条件のすり合わせに奔走中。

事業用の工場として使用するので、工場特有の質問や建築、構造関係の質問にひとつずつ回答していきます。並行して事業計画、資金計画、工事計画(この時点では購入申込前)を整えていって、よし行ける!となったら正式に商談に入ります。

これらの準備のうち、事業計画、資金計画はあらかじめ用意しておくと良いですね。常に工場移転先を探している他の検討者とのスピード勝負になったときに申し込み順で負けてしまいます。今回の検討者さんは移転を検討し始めて間もないため、購入申込にふみきるだけの判断をすぐに出せませんでした。それでもスケジュールは決まっているので超高速で計画を策定していきます。もちろんフォローさせていただくのですが限られた時間の中ではざっくりとした数字しか用意できません。

そんなこんなで、なんとか商談のテーブルには乗りました。

工場を建てられるエリアは限定的です。工場の内容や面積によって移転先も選ばなければなりません。作業面積、事務所スペース、従業員数、従業員の通勤方法、顧客の位置、配送ルート、作業車のサイズ、建物構造、床の厚み、近隣環境、拡張予定、構造体、受電方式、給水方式、引っ越しスケジュール、修繕計画、、、、

今日も別件で工場物件のオーダーが入りました。名古屋市中川区、南区、緑区周辺で工場物件の情報をお持ちの方は是非ご紹介ください!!

当社では随時工場物件を取り扱っていますが、ひとことで工場といってもジャンルは様々で、業態によって求められる立地や建物形状はバラバラです。この物件、立地もいいし、築年も新しいし、このお客さんによいかもな~って思って紹介しても、皆さん譲れない条件があって成約にいたらないことも多いんです。工場物件の売買は”めぐりあわせ”ですね・

さて、4月に入れば少し落ち着くかな、なんて思っていましたが、後半の決済ラッシュでピリピリしています。今年勉強している専門資格の最終試験の勉強も進んでないし、不動産セミナーの講師も引き受けちゃったし、なんか詰め込みすぎてます。とりあえず6月後半まではこんな状態が続きそうです。

ブログの更新もおろそかになっていて、書きたい特集がたくさんあるのに筆が進みません;;

-不動産仲介

Copyright© 不動産どうなる , 2021 All Rights Reserved.