雑談・趣味

【名古屋市中区】建築構造のイベントに行ってきました。

投稿日:

名古屋市中区栄のオアシス21で建築構造のイベントが開催されていました。

知人からお誘いを受けたので仕事の合間に顔を出してきました。
不動産関係、建築設計関係の方には非常に興味深いテーマだったのではないでしょうか。

普段からオアシス21では様々なイベントが開催されていますが、設計の、しかも構造関係のテーマとは珍しいですね。聞くと毎年開催しているようです。

普段、あまり気にかけることのない構造設計という仕事を皆さんに知っていただくには良いイベントですね。

液状化実験


水槽の中に地盤に見立てた土が入っていて、その上にビルの模型が建っています。
水槽に振動を与えると徐々に土と水が分離していきます。土は沈殿し、水は上へ浮かんできます。
みるみる地表面が水浸しになってぐちゃぐちゃになっていきます。

地中断面を実際に見ることで液状化のメカニズムをわかりやすく学ぶことができました。
土の上に建っていたミニチュアのビル2つのうち、1つは倒れてしまいましたが、杭のあるビルは耐えることができました。
地中に埋まっているマンホールや電柱などにも影響があることがわかりました。

杭がしっかりしているビルは液状化がおこっても倒れない。
こどもたちにもわかりやすく説明されていました。

 

トラス構造組み立て体験

細いストローやパスタを使ってどれだけ高く頑丈なタワーを作れるか、試しながら体験できるブースです。
皆さん親子で必死に作っていました。
どのように繋げると強度が出るかという説明はありませんでしたが、試してみると自然に体感できるのではないでしょうか。
三角形に繋げると高く頑丈なタワーが作れました。
折れやすいパスタでもしっかりと支えられるんですね。

写真は別の方が作ったタワーです。周りから拍手が巻き起こりました。

名古屋市栄地区400分の1ジオラマ

こちらが本日のお目当て。
日建設計が作製しているミニチュア版栄エリアです。

こうしてみると、街並みやビルの高低、未だ更地や駐車場になっている箇所など俯瞰することができます。
建築予定中の建物も反映されているので不動産屋にはたまらないですね。

中日ビル跡地の計画も反映されていました。

 

こちらは当社の周辺
まだ反映されていないものもあるようですね。

 

有名建築物の施工方法やデザインなどパネルで展示されていました。
構造設計の友人に説明を受けながらでしたので終始「へぇ~」の連発です。
この友人とは、お酒を飲みながらひたすら建築の話をすることもあるぐらいで、そういえば上のJRセントラルタワーズの施工方法も飲みながら語ってたことを思い出しました。

こういった企画は一般の方々に、普段気に留めてもらえない裏側の、目に見えないお仕事を知ってもらう良い機会ですね。
また次回も参加したいと思います。

本当に時間を忘れて楽しんじゃいました。
ありがとう!!

 

-雑談・趣味
-,

Copyright© 不動産どうなる , 2021 All Rights Reserved.