不動産管理

ビルオーナーさん エアコンは壊れる前に交換してください

投稿日:

エアコンがぶっこわれた

今日は各所でトラブル

事務所ビルの空調機が故障。マルチエアコン(1台の室外機に対して複数の室内機)だったので室内のエアコン全滅。

当社の管理業務外でしたがビルオーナーの相談を受けてすぐに手配。

交換部品が手配できないとすぐには治りません。
今回は少し時間がかかりそうです。

イメージです 記事とは関係ありません

 

オフィスビルのオーナーさん、
空調機は壊れる前に定期的に交換してください。
使えていても、です。

今、当社のスタッフが現地対応してくれています。
同時に別のビルでもトイレの水漏れ発生。

画像はイメージです

こちらはたいしたことない不具合なのですぐ直ります。
エアコン現場と行ったり来たりで対応してくれていて大変感謝です。
僕も現場対応したことがあるのでもどかしさやイライラが募っているだろうことはよくわかります。
それでも表に出さず対応してくれています。

 

過去、別のオフィスビルで真夏にエアコンが壊れたことがありました。
同じくマルチエアコンで室内全滅。まったく冷房が使えない状態。
室内で業務も続けなければならないしお客さんも来ます。
テナントさんはお怒りですが、当然のことだと思います。
ビルオーナーに概要だけ伝え、こちらで柔軟に対応してよいか確認をとりました。

オーナー「あとの判断はまかせたので大至急対応してほしい」

この一言をいただけるオーナーさんはわかっている人です。
僕に一任したということです。

 

 

実際に故障したときの対応例

※真夏です。
まずは現地へ急行。
並行して業者ヘ連絡。
すぐ動けないと回答あり。
そこを何とかと頼み込む。
業者手配、現地調査。
テナントさんの猛烈なお叱りを受ける。
今後の対応を説明する。
部品が欠品しておりすぐに修理できないことを説明する。
何度も何度もお詫びをする。
社に戻り倉庫に保管してある送風機と冷風機を現地に設置(ほとんど効果ありません)。
ホームセンターで簡易な机と椅子たくさんと長い電話線とLANケーブルを余っても良いので多めに購入。
ちょうど空室になっていたフロアに机、椅子設置して簡易執務室をつくる。
貸室からケーブルを非常階段スペース経由してつなぐ。
業者へ別エリアで部品ないか探すように依頼する。
手をつくすが対応まで1週間以上かかると報告あり。
テナントへ報告、謝罪、今後の対応相談。
飲み会キャンセル。
その後毎日1度以上現地の状況を確認、テナントへ顔を出して謝罪。
氷菓子を差入れ。
貸室から仮設部屋までの備品移動を都度行う。
修繕日程決定 ちょっと安堵。
業者に細かく連絡。
館内へ工事の案内。
工事着手・完了。完了確認。
部屋が冷えたことを確認。
『テナントからねぎらいの言葉をいただく』
仮設事務所備品移動、復旧。
送風機撤去。
翌日再度現地訪問冷えていることを確認。
この度は~お詫び。
オーナーへ報告。


 

 

何度か真夏時の空調機故障を経験していますが、テナントさんはほぼ「怒ります」
当然です。

そしてオーナーには細かく報告します。どれだけテナントが困ったか。当社がどのように対応したか(当社は通常の管理業務の範囲として対応しているので費用は頂戴していません)。

ビルを経営していると設備の故障は避けられませんが、いざ故障してしまったときにはテナントの視点に立って最優先で柔軟に対応するべきです。
こうなってしまった時点では業者の緊急対応費用が高いとか相見積とってとか言ってられません。

まだ報告は受けていませんが、今日の不具合も相当大変な対応を強いられることは容易に想像できます。
ヘルプに行こうか聞きましたが「対応できる」とスタッフ。

このビルオーナーと面談するときはいつも「○○さんにお礼言っておいてください」と言われるので、見えないところでも細かく動いてくれているんだと思います。
本当に感謝です。

 

空調機は定期的に、「壊れていなくても」更新する。
壊れてしまったらテナント最優先、最速で対応する。
業者に丸投げせず現地確認、顔出しをする。
オーナーに詳細報告して、計画修繕の大切さを認識してもらう。

 

空調機入れ替えは補助金が使える場合があります。
高い電気代を払い続けるぐらいなら快適さと安心さを。

 

過去記事
LED化工事+設備投資で電気代はどうなった?

省エネプログラム実施後の検証。1年前と比較してどれだけコスト削減できたか。

続きを見る

-不動産管理

Copyright© 不動産どうなる , 2022 All Rights Reserved.